人気のワックス脱毛を失敗せずに行うための方法!全6STEP

ムダ毛処理

 

ワックス脱毛はやり始めのころは痛みを感じる事がありますが、何度も繰り返すうちにほとんど痛みを感じなくなったり、逆に処理することがクセになったりします。とはいえ、慣れないうちから上手に処理するのは難しいですよね?

そこで本記事では、初めてワックス脱毛をする方や何度かやってみたけど痛みが強くて困っている方、うまく抜けずきれいに仕上がらない方のために、除毛ワックスを使用したムダ毛処理方法、ワックス脱毛のやり方について解説していきます!

除毛ワックスを使用しワックス脱毛をする方法

 

除毛ワックスを使ったワックス脱毛は専門店ができるほど人気なムダ毛処理方法ですが、逆に言えば上手に処理するにはそれなりの技術が必要、とも言えます。

ワックス脱毛はいくつかのコツを抑える上手にムダ毛処理ができるので、以下に記載した手順を参考に処理してみてください。

 

ステップ① 処理する部分を清潔にする

 

まずはムダ毛処理する部分を清潔にしましょう。ムダ毛処理するときの基本です。

毛を取り除くと少なからず肌や毛穴にダメージがかかります。清潔な状態で行わないと、処理後の敏感な肌に細菌がついてしまったりし、肌荒れや炎症などのトラブルのもとになります。

最悪の場合、炎症の跡が残ってしまう可能性もある為、面倒でもしっかりと行いましょう。

 

ステップ② ムダ毛の長さを調整する

 

処理する部分のムダ毛は1㎝程度の長さが必要です。

ムダ毛が長すぎるという場合は少ないと思いますが、長すぎる場合はカットするといいでしょう。カットする場合短くしすぎるとワックスに絡まなくなり処理できなくなる可能性があるので、櫛などを当てて短くなりすぎないよう注意してください。

 

ステップ③ カットしたムダ毛や水気、ボディクリームをしっかり落とす

 

ムダ毛をカットした場合、カットしたムダ毛が残っている残っていることがあります。カットしたムダ毛が残っていると必要な毛にワックスがつかず、処理効果が落ちてしまいます。シャワーなどを当てたり、ドライヤーなどを使いムダ毛を取り除きましょう。

 

また、水気やボディクリームもワックスがしっかりつかない原因となり、失敗につながります。洗い流した後はタオルでしっかり水気を切りましょう。

タオルで拭いた後ベビーパウダーを使うとより効果的です。
夏場は汗にも注意が必要です。クーラーなどで適温を保ちましょう。

ステップ④ 除毛ワックスを塗る

 

広範囲のムダ毛を処理できるのが除毛ワックスのメリットですが、あまり広範囲を一度に処理するのは失敗に繋がります。

特に初めての時や数回程度の経験しかない場合は焦らず、小さな範囲で経験を積むことが大切です。

1㎝×3㎝くらいの範囲を目安に、複数回に分けて処理しましょう。

 

VIOなど自分で処理しにくい部分は体勢を変えたり、鏡を使ったりして対応しましょう。

ステップ⑤ 除毛ワックスを一気にはがす

 

毛の流れと逆方向に一気に引きはがします。

  • 思い切って引きはがす
  • 皮膚がたるまないようにはがす方と逆方向に引っ張る

この2点を抑えることで痛みをあまり感じずきれいに処理することができます。最初は思い切りがつかないかもしれませんが、ムダ毛を引き抜く力を大きくするには勢いが必要ですし、時間をかければかける分だけ痛みは続きます。

最初は慣れてないため痛みを感じるかもしれませんが、ワックス脱毛をする人の中には「ベリッと剥がれる感覚がクセになった」という方もおり、思っているより痛みが少ない場合もあります。

剥がすと決めたら迷わず剥がす、これが大切です。

 

ステップ⑥ 化粧水などでアフターケア

 

処理後の肌はとてもデリケートです。毛穴が広がって汚れがたまりやすくなっている上、ワックスによって角質がはがれてしまい皮膚が傷ついています。いつも以上に清潔するよう注意し、化粧水や乳液などで入念にケアすることが大切です。

また処理後は以下のような行動は控えるようにしましょう。

  • 処理した部分をかいたり、洗う
  • お風呂(湯ぶね)に浸かる
  • 激しい運動をする
ワックスは必ず腕や足で試してから使いましょう。一度試しておくだけで、一連の動作がスムーズに行えるようになりトラブルが減ります。またワックスが合うかは個人差があるのでデリケートな場所に使えるかを試す意味もあります。

 

まとめ

 

脱毛ワックスでのムダ毛処理方法は広範囲のムダ毛を引き抜く処理方法なので、うまく行えばきれいに仕上がり、カミソリなどで処理するよりも長時間効果が持続します。特に「VIO脱毛をしてみたいけど失敗したら嫌」「VIOを他人に見られるのは嫌だから自分で処理したい」と考えている方にはVIO脱毛の疑似体験ができるため良いかもしれません。

しかし、アレルギーがある場合は使えないことや肌へのダメージが大きいことからも使用には注意が必要です。どうしてもうまくいかない場合はプロの方にお願いしたり別のムダ毛処理方法を探すのが良いでしょう。

当サイトではカミソリや毛抜きを使った自分でできるムダ毛処理方法や脱毛サロンなどで行う脱毛についても解説していますので、興味があればほかの記事も読んでみてください。

 

コメント