電動シェーバー(電動カミソリ)でのムダ毛処理がおすすめな4つの理由

ムダ毛処理

あなたはムダ毛処理をどのように行っていますか?

  • 毛抜きで行っている方
  • カミソリで行っている方
  • 除毛クリームや除毛ワックスを使っている方
  • 脱毛サロン・クリニックで脱毛している方

ムダ毛処理にはたくさんの方法がありますよね?しかし、たくさんあるからこそ、どの処理方法にどんなメリット・デメリットがあるのかわかりづらいことも。

そこで、本記事では脱毛サロンなどでもおすすめされている電動シェーバー(電動カミソリ)について解説していきたいと思います。

電動シェーバーは欲張りさんにぴったりのムダ毛処理アイテム

 

普段のムダ毛処理といえば、毛抜きやカミソリで行うのが一般的ですよね。

でもカミソリでムダ毛処理すると肌を切ってしまったり、毛抜きで抜いた部分に埋没毛が出来てしまったり…。時間もかかるし、何より危険だと思うことはないですか?

 

「脱毛や高価な脱毛器は買えない…」けど、「広範囲のムダ毛を早く安全に剃りたい!!」そういった方の場合は、電動シェーバー(電動カミソリ)を使うのがおすすめです。

 

電動シェーバーと聞くと「男性のひげ剃りじゃないの?」と思う方がいるかもしれません。確かに電動シェーバーは男性のひげ剃りとしてよく知られていますが、実はレディースシェーバーやボディシェーバーと呼ばれる身体用の物もあります。

  • 刃が直接肌に触れないため、肌を切る心配がない
  • 電動なので疲れるないし、処理が速い

そのうえ、多くの電動シェーバーは充電式で電池などの消耗品が必要なく携帯性にも優れています。中には丸ごと水洗いできる防水機能付きのものもあり、衛生面でも安心です。

値段も数千円程度で購入できるため、一台持っておいて損はないといえるでしょう。

 

電動シェーバーを使用するメリット

 

先ほど説明した通り電動シェーバーにはたくさんのメリットがあります。

詳しく見ていきましょう。

 

肌に刃が当たらない為、怪我することが無い

 

電動シェーバーは、肌に直接刃が触れないような構造になっています。そのため、肌が切れてしまうといったことがありません。

カミソリの場合、剃るときにムダ毛に引っかかってしまったり、刃の当て方が悪かったりすると肌が切れてしまい痛い思いをすることがありますよね。肌に傷がつくと、そこに菌が感染し毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こす可能性もあります。

そういったトラブルを引き起こさないのは大きなメリットといえるでしょう。

ニキビによく似た皮膚の病気「毛嚢炎」になる4つの原因と予防方法
ニキビによく似た症状の毛嚢炎(もうのうえん)。毛包炎(もうほうえん)と呼ばれることもある毛嚢炎はブドウ球菌に感染することで起こる皮膚の病気の一つです。本記事では毛嚢炎とニキビの違い、発生原因、予防方法などを解説します。

毛嚢炎についてはこちらの記事で解説しています。毛嚢炎が何かわからない方はで本記事と併せてご覧ください。

 

充電式、電池式の場合、外出先でも処理することができる

 

多くの電動シェーバーは充電式や乾電池式です。本体も小型のものが多く、コードレスのため外出先でも使用可能となっています。

清潔感が大切な職業の方の中には、電動シェーバーを持ち歩き、仕事前にムダ毛処理を徹底している方もいるそうです。

 

防水機能付きの場合、シェービング剤も使用でき、丸洗いもできるため衛生的

 

カミソリでムダ毛処理をする場合、肌を傷めずきれいに剃るためシェービング剤を使用しているかたもいますよね?当サイトとしても、シェービング剤を使用するのとしないのとでは大きな差があるため、シェービング剤の使用を推奨しています。

電動シェーバーには防水機能が備わっているものもある為、シェービング剤を使用することができます。また、防水機能付きの電動シェーバーは、丸洗いすることができるため、しっかりと手入れをすれば衛生的に保つことができます。

 

広範囲のムダ毛を効率よく処理できる

 

手動と電動の効率の差は、説明するまでもないですよね。

  • 毛抜きでの処理と違い、圧倒的に早い
  • カミソリと違い、肌を傷つけない
  • 除毛クリームや除毛ワックスと違い、処理が簡単

電動シェーバーで行うムダ毛処理の効率の良さは、これだけで分かってもらえると思います。

 

電動シェーバーを使用するデメリット

 

たくさんのメリットのある電動シェーバーですが、残念ながらデメリットもあります。

 

深剃りできない為仕上がりはいまいち

 

肌が傷つかないような構造になっているということは、裏を返せば、深剃りができないということでもあります。

毛抜きで処理した場合はもちろんですが、カミソリで処理した場合と比べても、ムダ毛が目立つようになるのが速かったり、仕上がりがいまいちといった場合があります。

 

本体代や替え刃代、電気代など若干の費用がかかる

 

電動シェーバーでムダ毛処理をする場合、毛抜きやカミソリで処理する場合に比べ費用がかかります。これは、カミソリや毛抜きに比べ本体代金・替え刃代金が高いことと、充電に電気代(電池式なら乾電池代)が必要だからです。

とはいえ、安いものは2~3千円程度で購入できるため、費用がかかりすぎるといったことはないでしょう。

 

まとめ

 

電動シェーバーには、処理が早い・肌を傷つけない・処理が簡単という3拍子がそろっています。それでいて防水機能や優れた携帯性をもち、値段も2~3千円とお手頃価格。

仕上がりが甘くなってしまうのはマイナスポイントですが、多くの方の場合デメリットよりも電動シェーバーを使うメリットの方が大きいでしょう。「広範囲のムダ毛を早く安全に剃りたい!!」という方なら、まず間違いなく買っても損はしないでしょう。

 

毛抜きが引き起こすトラブルとリスクを最小限に抑える毛抜き処理方法
ムダ毛を毛抜きでつかみ、引き抜く。誰でも一度は経験があるこのムダ毛処理には、とても大きなリスクがあるって知っていましたか?本記事では、毛抜きでのムダ毛処理で起きるトラブルと、リスクをできるだけ抑える毛抜きでのムダ毛処理の方法を解説します。
除毛ワックスを使用し行うワックス脱毛の8つのメリット・デメリット
専門店ができるほど人気となったワックス脱毛の魅力とは? 具体的な8つのメリット・デメリットから、ワックス脱毛がどんな方におすすめで、どういった場合はやめておいたほうがいいのか?などの情報を詳しく解説します!

こちらの記事では、カミソリや除毛ワックスを使用したムダ毛処理のメリット・デメリットを解説しています。どの方法にも良い点・悪い点があり、場合によってはほかの方法のほうがいい可能性もありますので、併せてご覧いただくことをおすすめします。

 

 

コメント