ニードル脱毛の仕組みと他の脱毛方法では得られない2つのメリット

脱毛

 

脱毛には大きく分けて3つの方法があります。

  • フラッシュ脱毛
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

それぞれ特徴があり、脱毛したい部分や面積、予算などによって最適な脱毛方法は異なります。もしあなたが脱毛を考えているなら、

  1. どの部分の脱毛をしたいのか
  2. いつまでに脱毛を完了させたいのか
  3. 脱毛にどれくらいの予算をかけられるのか

これらの点をしっかり決めたうえで、それぞれの方法の特徴を知りましょう。

本記事では、3つの脱毛方法のうち確実な脱毛効果を得られる「ニードル脱毛」に焦点を当て、ニードル脱毛がどのような脱毛方法なのか、脱毛効果を得る仕組みやメリットは何なのかについて解説していきます。

フラッシュ脱毛についての記事はこちら

フラッシュ脱毛で脱毛できる仕組みとフラッシュ脱毛が持つメリット
主に脱毛サロンで採用され、とても人気のフラッシュ脱毛。本記事ではフラッシュ脱毛がどのような仕組みで脱毛効果を得ているか、フラッシュ脱毛が選ばれる理由は何なのかを詳しく解説。仕組みを知ればフラッシュ脱毛のメリット・デメリットをより詳しく把握できます!

レーザー脱毛についての記事はこちら

レーザー脱毛の仕組みから浮かび上がるメリットとデメリット
脱毛効果が速く実感できるクリニックでのレーザー脱毛。そのメリット・デメリットをあなたはご存知ですか?本記事では、レーザー脱毛(医療脱毛)の仕組みから、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説します!

最も効果的な脱毛方法であるニードル脱毛の仕組み

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、強弱はありますが光を毛に当てることで発生する熱を利用して毛根などの組織を破壊しています。

しかし、ニードル脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とはちがい光を使うことはありません。ニードル脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは脱毛の仕組み、メカニズムが異なるのです。

 

では一体どのような方法・仕組みで脱毛の効果を得ているのでしょうか?ニードル脱毛の方法を順番で説明すると以下のような手順になります。

  1. 針(ニードル)を脱毛したいムダ毛の毛穴に差し込む
  2. 差し込んだ針から微弱な電気を流す
  3. 流れた電気が毛根などの組織を破壊する
  4. ムダ毛をはやしている細胞が死滅するため脱毛効果が得られる

このようにムダ毛一本一本に針を差し込み電気を流し脱毛効果を得るのが、ニードル脱毛の仕組みです。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは全く違う方法・仕組みですよね。

この方法・仕組みの違いが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛にはない、ニードル脱毛だけのメリット・デメリットを生み出しているのです。早速、ニードル脱毛のメリット・デメリットを確認していきましょう!

 

ニードル脱毛のデメリット

 

「最も効果的な脱毛方法であるニードル脱毛の仕組み」で説明した通り、ニードル脱毛ニードル脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは脱毛効果を得るための仕組みが大きく異なります。

そのため、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛にはないメリット・デメリットが存在します。まずは、ニードル脱毛が持つデメリットについて見ていきましょう!

 

デメリット① 施術には痛みが伴う

 

ニードル脱毛は他の脱毛方法よりも痛みが強い傾向があります。

レーザー脱毛でも施術には痛みが伴いますが、ニードル脱毛の痛みは、人によっては麻酔が必須という方がいるほど。実際に、痛みが強すぎてニードル脱毛での施術を諦めた方も存在するようです。

 

直接電流を流すという脱毛方法なので、痛みも強くなってしまうのですが、これはニードル脱毛の持つ大きなデメリットといえるでしょう。

ニードル脱毛を行っているクリニックには、オプションで麻酔をしてくれるサービスもあります。痛みで諦めてしまわないように、ひげやVIOなどの痛みを感じやすい部分の脱毛をニードル脱毛で行う場合、麻酔することを前提にしておいた方がいいでしょう。

 

デメリット② 手間がかかるため、費用が高額になりやすい

 

ニードル脱毛の費用は、基本的に

  • ムダ毛一本につき〇円
  • △分の施術で□円

といった形で決まります。

 

そのため、脱毛したい部分が広範囲であったり、毛量が多い場合かなりの金額が必要になってしまいます。また、ニードル脱毛で使う針は買い取りになるので針代もかかります。

麻酔をする場合は、施術の料金や針代にプラスして麻酔代もかかるので注意しましょう。
こういった施術以外の出費も回数が多ければかなりの額になります。ニードル脱毛をする場合は料金はしっかりと確認しておきましょう。

デメリット③ 施術に時間がかかるので広範囲の脱毛には向かない

 

「デメリット② 手間がかかるため、費用が高額になりやすい」で説明しましたが、ニードル脱毛は範囲が大きければ大きいほど料金が上がるようになっています。そのため、少ない資金で脱毛をしたい方にニードル脱毛はおすすめできません。

しかし、料金以外にもニードル脱毛が広範囲の脱毛に向かない理由があります。

それは「時間」です。

 

ニードル脱毛は、一本一本針を毛穴に差し込み、電流を流すことで脱毛の効果を得ています。逆に言えば、ムダ毛一本一本に針を差し込み、電流を流さなければ、脱毛することはできないということでもあります。

つまり、施術に膨大な時間がかかるというデメリットがニードル脱毛にはあるのです。

そのため、家事や育児で時間に追われている主婦の方、毎日仕事で脱毛に時間がさけない方には、ニードル脱毛での脱毛はおすすめできません。

 

ニードル脱毛のメリット

 

先にニードル脱毛のデメリットを見ましたが、どう思ったでしょうか?

デメリットだけを見ると「ニードル脱毛はやっぱなしかな」と思う方が多いと思いますが、ニードル脱毛にはメリットもちゃんとあります。

むしろ、メリットをしっかり把握し利用した場合、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛に比べ値段的にも効率的にもニードル脱毛のほうが効果的に脱毛することができます。

一見デメリットのほうが多そうなニードル脱毛を上手に利用するためにも、早速、メリットについてみていきましょう!

 

メリット① 脱毛するのにメラニンの量が関係ない

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はニードル脱毛と違い一回で広範囲の脱毛(照射)が可能です。

その結果施述時間が短く短期間で脱毛できるのですが、毛のメラニンに反応させるという仕組みで脱毛効果を得るため、色の濃い肌やホクロのある場所(メラニンの量が多い場所)は脱毛できないというデメリットがあります。

一方、ニードル脱毛は直接電気流し脱毛する方法のため、メラニンの多い色の濃い肌やホクロの近くに生えているムダ毛も脱毛することができます。

またフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光が反応しない薄い毛(産毛など)やメラニンがない白髪でもニードル脱毛なら脱毛することが可能です。

このメラニンの量に左右されず脱毛できる点が、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛にはない大きなメリットといえるでしょう。

 

メリット② 脱毛の効果がほぼ確実に手に入る

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は広範囲を一気に脱毛する為、照射に漏れがあったり、照射していても十分な効果を得られなかったりし、ムラになることがあります。

 

しかし、ニードル脱毛は一本ずつ施述する為、ムラになることはありません。また、一本一本に確実に電流を流すため、施述したムダ毛が生えてくることもありません。

 

確実性という点では、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛よりもニードル脱毛の方が優れているのです。

 

まとめ

 

ニードル脱毛は痛みが強く、ほかの方法よりも費用がかかる脱毛方法です。

そのため現在では、安くて施術の早いフラッシュ脱毛や効果が高く短期間で脱毛できるレーザー脱毛が主流となっています。

 

しかし、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で脱毛できないメラニンの少ないムダ毛や、ホクロなどのメラニンの多い部分に生えてしまったムダ毛の脱毛はニードル脱毛でしか行うことはできません。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、照射した光がホクロのメラニンに反応してしまうため、シールなどを張られてしまい脱毛することができません。

ニードル脱毛はデメリットもある脱毛方法ですが、ニードル脱毛にしかできないこともあります。脱毛する場所によって使い分けることが大切です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました