脱毛ワックスは除毛ワックスが正解!?効果や仕組みから見る本当の所

ムダ毛処理

あなたは除毛ワックスというムダ毛処理アイテムを知っていますか?

除毛ワックスは脱毛ワックスとも呼ばれており、広範囲のムダ毛処理が可能なアイテムです。個人でできるムダ毛処理の方法ですが、ワックス脱毛の専門店ができるほど人気があります。

本記事では、この除毛ワックスについて基本的な情報を解説し、脱毛ワックスと呼ぶべきなのか除毛ワックスのほうが正しいのかについて解説していきます!

そもそも除毛ワックスってなに?

 

「カミソリや毛抜きでムダ毛処理はしたことがあるけど、除毛ワックスってなに?」

「除毛ワックスの効果って除毛なの? それとも脱毛なの?」

こんな疑問をお持ちの方もいると思うので、まずは除毛ワックスというアイテムについて軽く解説したいと思います。

 

一言で言ってしまえば、除毛ワックスとは「ムダ毛処理用に作られた薬剤」となります。

薬剤とはいっても、はちみつなどの自然由来の成分で作られているので、ワックス自体は肌に優しいものが大半です。そしてこの除毛ワックスを使ったムダ毛処理のことをワックス脱毛といい、VIO部分のムダ毛処理の場合はブラジリアンワックス脱毛といった呼ばれ方をします。

 

除毛ワックスにはたくさんの種類がある

 

  • 水性ワックス
    • シュガーワックス
    • ハニーワックス
  • 油性ワックス
    • ハードワックス
    • 固形ワックス
    • ソフトワックス
    • オイルワックス

ワックスには主に2二種類あり、水性ワックスと油性ワックスの二つに分けることができます。

水性ワックスはさらにシュガーワックスとハニーワックスに、油性ワックスはハードワックス、固形ワックス、ソフトワックス、オイルワックスに分けられます。

 

このように一言でワックスといっても多くのものがあり、ご自身のムダ毛の濃さや長さ、使用する部分によって使い分けることが必要です。

肌が敏感、毛が長い方は水性ワックス

毛が短く、濃い方、産毛など細かい毛も処理したい方は油性ワックスが良いでしょう。

 

また水性ワックスはシュガーワックスやハニーワックスと呼ばれるように、材料がはちみつや砂糖で作られているので問題ないのですが、油性ワックスには松脂を使用しているものがあり、アレルギーを持っている方は注意が必要です。

松脂アレルギーをお持ちの方でも、別の原料を使用したワックスがある為、すべての油性ワックスが使用できないわけではありません。

 

半永久的な効果がある「脱毛」ではなく、あくまで「除毛」

 

さて、ここまでで

  • 除毛ワックスははちみつなどから作られたムダ毛処理用の薬剤である
  • VIOなどのデリケートな部分にも使用可能
  • 専門店ができるほど人気

という3つの特徴があることがわかりました。

 

そうなると、気になるのは除毛ワックスでムダ毛処理をした場合の効果ですよね。

除毛ワックスのことを脱毛ワックスと言ったり、処理方法のことをワックス脱毛と言ったりするため、脱毛という言葉が含まれていることもあってか半永久的なムダ毛処理効果があるように感じます。

 

しかし、ワックスを使ったムダ毛処理方法では「脱毛」は不可能で、実際には「一時的な除毛」しかできないのです。

 

タイトルにある通り脱毛ワックスというのは誤りで、実は除毛ワックスと呼ぶのが正解なんですね。多くのサイトで脱毛ワックスと表記されているにも関わらず、当サイトで脱毛ワックスと言わず除毛ワックスと表記しているのもこれが理由です。

ではなぜ脱毛ができないのでしょうか?その疑問は除毛ワックスを使ったムダ毛処理のメカニズムを知ることで解消することができます!

 

除毛ワックスでムダ毛処理ができるメカニズム

 

「除毛ワックスを使用したワックス脱毛では脱毛はできない」

そう聞くと、なぜできないのか?と疑問を持つ方もいるかもしれませんし、「自分でやると脱毛できないだけで、専門店でプロのスタッフに施術してもらえば脱毛できるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

しかし、除毛ワックスを利用したワックス脱毛で脱毛ができないのは、そのムダ毛処理のメカニズムによるもの。つまり、あなた自身が行っても専門店のプロスタッフが行っても結果は同じということなのです。

ではそのメカニズムとはどのようなものなのでしょうか?

 

基本的には毛抜きでのムダ毛処理と同じ

 

除毛ワックスを使ったワックス脱毛のメカニズムは毛抜きでのムダ毛処理とほとんど同じです。

 

  1. ムダ毛処理をしたい場所に除毛ワックスを塗る
  2. 時間を置き、ワックスと絡みついたムダ毛を一気に引き抜く

ほとんどの除毛ワックスはこの2ステップでムダ毛を処理することができます。

毛抜きが引き起こすトラブルとリスクを最小限に抑える毛抜き処理方法
ムダ毛を毛抜きでつかみ、引き抜く。誰でも一度は経験があるこのムダ毛処理には、とても大きなリスクがあるって知っていましたか?本記事では、毛抜きでのムダ毛処理で起きるトラブルと、リスクをできるだけ抑える毛抜きでのムダ毛処理の方法を解説します。

こちらの記事にも記載しましたが、毛抜きでのムダ毛処理は、肌の表面に出ているムダ毛を毛抜きでつかみ、根本から引き抜くという方法です。

比べてみれば一目瞭然で、ムダ毛をワックスに絡ませて引き抜くか、一本一本毛抜きで掴んで引き抜くかの差しかなく「ムダ毛を引き抜いて処理する」という根本的なメカニズムは同じとなっています。

 

それでも除毛ワックスにはメリットがある

 

除毛ワックスを利用したワックス脱毛のメカニズムからして「脱毛」できないのは当然です。そのため、当たり前のことですが、時間がたてば抜いた毛はまた生えてきます。

初めから「脱毛がしたい」と思っていた方からすると、除毛ワックスは役に立つムダ毛処理アイテムとは言えないかもしれません。しかし、一切メリットがないかといわれるとそうではありません。

 

例えば、VIO脱毛をしたいけど踏ん切りがつかない、不安があるという方にはワックス脱毛はメリットの大きいムダ毛処理方法といえます。

脱毛をするとなれば費用も掛かりますし、脱毛してしまってからやっぱり元に戻したいと思っても戻すことはできません。そんな時にワックス脱毛をすれば、

  1. アンダーヘアをどのような形状にするか
  2. 脱毛した後の感覚はどんな感じなのか

といった疑問の解消やVIO脱毛後の生活がイメージしやすくなり、脱毛に対する期待と施術後の現実とのギャップを少なくすることが可能です。

 

他にもワックス脱毛にはメリットがあります。詳しく知りたい方はワックス脱毛のメリット・デメリットについて詳しくまとめた別記事があるので、そちらを読んでみてください。

除毛ワックスを使用し行うワックス脱毛の8つのメリット・デメリット
専門店ができるほど人気となったワックス脱毛の魅力とは? 具体的な8つのメリット・デメリットから、ワックス脱毛がどんな方におすすめで、どういった場合はやめておいたほうがいいのか?などの情報を詳しく解説します!

 

まとめ

 

ワックスを使用したムダ毛処理方法で「脱毛」することはできません。

ですので、使用するワックスのことは除毛ワックスと呼ぶのが正解ですし、除毛ワックスを使ったムダ毛処理方法のことも、ワックス脱毛ではなくワックス除毛と呼ぶのが正解でしょう。

しかし、現状多くのサイトで脱毛ワックスやワックス脱毛と呼ばれており、名称と実際に得られる効果にギャップがあるため多く方が勘違いしやすくなっています。

もしあなたがワックス脱毛をしようと考えているなら、本記事に記載してある内容を思い出し、脱毛はできないことを理解したうえで行うようにしてください。

人気のワックス脱毛を失敗せずに行うための方法!全6STEP
ムダ毛処理の方法として人気のワックス脱毛ですが、正しい方法やコツがわからず失敗してしまうことも。本記事ではワックス脱毛の方法を6つのSTEPに分解し詳しく解説。ワックス脱毛を成功させるための方法やコツを知り、上手にムダ毛を処理しましょう!

実際にワックス脱毛を行う場合はこちらの記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました